トラス福田西は子どもたちの「できた!」と自立をサポートします

子どもたちの学ぶ力を伸ばし、医療 × 福祉 × 教育の連携で生きる力に。

私たちトラス福田西は、医療法人社団 木野記念会が運営する福祉事業所です。公益社団法人 子どもの発達科学研究所の協力を得て、「医療」と「教育」が連携した新しい本当の「福祉」によって、子どもたちの発達を支えます。


通所施設「トラスハウス」では、多くの研究成果がレイアウトや掲示物などに活かされているほか、より確かなサポートを提供できるよう、私たちスタッフも科学的根拠に基づいた支援方法を学んでいます。


放課後や休日を楽しく過ごせるだけでなく、子どもたちが自立した社会生活を送れるように、将来を見据えた支援を提供しています。

トラス福田西が提供するたくさんの三角

三角形を基本単位とした骨組み構造をトラス構造と言います。非常に強固なことで知られており、屋根組みや鉄橋などに使用されています。


トラス福田西は、医療機関が運営する数少ない福祉事業所です。「トラス」の名には、強固なサポートによって子どもたちをしっかりと支えられるように、という想いが込められています。


子どもたちの特性を「医療」「福祉」「教育」の3点から包括的にとらえてサポートに活かせる連携体制に加え、自立にむけた大切な学びとして「読む」「食べる」「関わる」の3つの技能を育むオリジナル・プログラム()。そして、保護者の皆様からの情報をもとに子どもたちの「過去」から学び、「現在」をよく見つめ、明るい「未来」につながる支援を提供するなど、たくさんの三角によって子どもたちを支えて参ります。

※子どもの発達科学研究所との共同開発

設立の想い & 施設のご紹介

運営

医療法人社団 木野記念会
理事長

森 則夫

医療現場での経験から子どもたちに必要な支援のあり方を考えています。

協力

公益社団法人 子どもの発達科学研究所
主席研究員

和久田 学

科学を利用して子どもたちへの支援を最善なものにすることができます。

トラス福田西

施設紹介&

スタッフからのメッセージ

安心して楽しく過ごしながら、力を伸ばせる環境を提供します。

Philosophy

~トラス福田西の理念~

科学的根拠に基づいた支援の提供

質の高い生活を目指した学習支援

自立を支える地域環境への働きかけ